FRP(繊維強化プラスチック)で甲冑を製作する。(兜篇)

  2020/5/24
シェア ツイート 送る

戦国時代まつりなどに手作り甲冑で参加する人も増えてますが、ちょっと本格的?な物を作ろうかと江戸期の本物から型取りしてFRPで甲冑を製作してみました。
スポンサーリンク

兜を作る。製作するのは頭形兜(づなりかぶと)

400202005241037520.jpg
素材としてFRP樹脂とガラス繊維マットを使用しますが、少量ずつの購入では割高なので、実際には樹脂は一斗缶(20Kg)とかガラス繊維は10m単位で購入しています。写真右手前は本物から型取りして作ったひな形で、奥が成型後の兜です。

塗装

400202005241043530.jpg
FRPで成型した後は塗装を行います。先ずは自動車用のウレタン塗料で下地を塗ります。その後、本塗装を行います。

アルミ板加工

400202005241053390.jpg
板状になっているパーツはアルミ板を加工して作ります。
写真はシコロと呼ばれる兜のスカート?部分に紐を通すための穴開け加工を行っている。

穴開け加工終了

400202005241055540.jpg
戦国武将は割り切れる数字は縁起が悪いと嫌っていたので、このような部品の数は奇数枚で構成させることが多いのです。。
400202005241110210.jpg
前の写真で加工したアルミ製のシコロはこんな感じで取り付けます。

完成

400202005241059220.jpg
江戸時代の大人は小柄な人が多く、当時作られた甲冑などは現在の小学校高学年生や中学生が着用して丁度よいサイズなためオリジナルから型取りしたものの他に現在の大人が着用可能な少し大き目な兜も製作しました。
400202005241103060.jpg
こちらはオリジナルの大きさで製作した兜
400202005241103540.jpg
並べてみました
400202005241104230.jpg
戦国時代にはヨーロッパから輸入された甲冑を改造したり参考にして西洋風の甲冑(南蛮胴)が流行りました。織田信長の甲冑などが有名ですね。
写真は桃形兜(ももなりかぶと)と呼ばれるものです。
こちらは本物が高価過ぎて入手できなかったので、写真を参考にFRPでフルスクラッチしました。
400202005241109220.jpg
ジオン軍ヘルメット
勢い余って、こんなものも作ってみました。
スポンサーリンク
甲冑の胴を製作に続きます。
このまとめ記事の作者
FRP甲冑工房
FRP甲冑工房
カバー写真は、FRP(強化繊維プラスチック)で製作した甲冑(当世具足)です。 現在活動中の甲冑工房として、江戸時代の本物から型取りした...
プロフィールや他の投稿を見る
このまとめ記事をお気に入り登録:
ログインしてコメントしよう!

シェア ツイート 送る

他のまとめ記事

サッカー奮闘記

カルチャー 千葉市
2019/3/28    616

京成千葉中央駅の歴史

鉄道 千葉中央駅
2019/9/13    2412

『ゆるくて ちょっと ためになる』ことを。

千葉市
2019/4/23    609

カテゴリーが一緒の小ネタ

【さぽて】デジタルアートの部屋
さぽて
2020/9/18  -  №8074   129
479202009181445530.png
Woman
カルチャー
【さぽて】デジタルアートの部屋
さぽて
2020/9/14  -  №8034   120
479202009140916390.png
竜宮城
カルチャー
【さぽて】デジタルアートの部屋
さぽて
2020/9/1  -  №7903   123
479202009011522320.png
スノーボード
カルチャー
【さぽて】デジタルアートの部屋
さぽて
2020/9/1  -  №7910   151
479202009011527480.png
人魚
カルチャー
【さぽて】デジタルアートの部屋
さぽて
2020/9/13  -  №8031   125
479202009132027090.png
パプリカジュース
カルチャー
【さぽて】デジタルアートの部屋
さぽて
2020/9/13  -  №8028   120
479202009132024580.png
それ以上載せると、、
カルチャー