豆腐で土偶やグソクムシ?『お豆腐アート アワード2020』開催

  2021/1/2
シェア ツイート 送る

2020年の中頃からちばみなとjpライター・劇団みちたかがクリエイトしてきたお豆腐アート。
今回はなかでもウケのよかった作品を選りすぐってご紹介いたします。
「観てオイシイ、食べて美味しい」お豆腐アートをご堪能ください。
スポンサーリンク
もくじ

はじめに 「明けましたね」

302202101011915510.jpg
みなさん、おつかれやまです。
「バカの栄養補給」を合言葉に、千葉市でお笑いやMC業をしております「劇団みちたか」です。
『ちばみなとjp』ではライターとして、地元・千葉のゆるくてちょっとタメになる情報発信をしております。
302202101011934000.jpg
それはそうと、新年あけましておめでとうございます。
しかしながらいまだに引き続く、このコロナ下。
安全を心がけながら、ハッピーニューイヤーを慶びたいと思います。

また、新たかにちばみなとjpライターとして心に華を持ち、記事を楽しみにして頂いている皆様へ楽しい記事をご提供していけたらと思っております。
だもんで、これからも何卒応援のほどよろしくお願い申し上げます!

※写真はJR海浜幕張駅前広場にて開催されているイルミ「マクハリイルミ20/21」の一部です。
 ドーム型のイルミは音楽と動く照明できらびやか。青を基調としているのは、新型コロナウイルス感染症の社会へ与える影響の大きさに対して、それへ立ち向かう『希望や力強さ』を象徴しています。
◇開催期間:2020年11月13日(金)~2021年1月17日(日)計66日間
◇会場:JR海浜幕張駅前広場

『お豆腐アート アワード2020』開催

302202012052048320.jpg
さて、今回の記事はこれまで筆者がコロナ下での自粛期間。
筆者が晩酌の合間にひょんな気まぐれから誕生させたお豆腐アートを勝手に「お豆腐アートアワード」と題してご紹介いたします。
はて?そもそもお豆腐アートとはなんぞや?という方もいらっしゃるかと思います。
話はそこからですな。

お豆腐アートが生まれるまで

302202101012024170.jpg
端折って話しますと、筆者は晩酌のアテに冷奴を頻繁に用いています。

ある日、いつもと変わらぬ晩酌の折にひょんな遊び心からか、豆腐の表面に傷を付けてみます…。
302202101012024480.jpg
そして、そこに醤油を垂らしました。
すると表面に文字が浮かぶことに気づきました。
そんなこと、誰でも気づくことでSNS上でも数多くの作品があることをあとで知るほどでしたが、このコロナ下で考える時間がたくさんあった筆者は痛く感動。
それとともに別の疑問も浮かびました。
302202101012036460.jpg
劇団みちたか「このお豆腐アートって立体物で作ったことがあるひとはいるのだろうか?」

すこし頭がおかしくなっていた筆者はすぐに実行。
セラミックナイフで冷奴を刻みはじめ…

タンスをこしらえてみました

302202101012018260.jpg
豆腐を縦にし、引き戸棚をこしらえタンスにしてみたのです。
豆腐自身もまさか立たされるとは思わなんだ。
302202101012018390.jpg
戸棚の中もくり抜き、収納スペースを実現。命名「タンスやっこ」です。
本人曰く、コロナ下を楽しく生きる術「観てオイシイ、食べて美味しい『お豆腐アート』の誕生じゃ!」とのたもうておりました。
立体的に豆腐を別のカタチにクリエイトする事例は調べた範囲では見かけられず、ひとり勝手にやる気になる筆者。
それからは(晩酌の際)立体豆腐を精力的に制作。
作っては自己満足し、その日の晩酌のアテにおいしく頂くという日を繰り返しました。
作って終わりではなく、最後まで美味しく頂戴するのも筆者のマインドあってこそ。
嬉しいことに制作の度に、料理の腕も上がり一石二鳥。
加えて制作スキルとモチベーションアップのため、SNSにアップした作品はそこそこウケもよく一石三鳥といったところでしょうか。

※映像は慶良間諸島海底遺跡奴(やっこ)の制作の様子です

劇団みちたか作『お豆腐アート』アワードベスト10紹介

302202101020002570.jpg
ということで、ここでは2020年の制作スタートからその年末までに制作したお豆腐アートでウケのよかった作品を順位別にしてご紹介してまいります。
精度はさほど高いものではありませんが、それを生み出すに至る想像性を評価して頂けますと筆者も浮かばれるかと思います。
それでは行ってみましょう、ワン・ツー・スリー♫
※ちなみに先程参考にお見せした「タンスやっこ」は2020年お豆腐アートアワード第15位です。

お豆腐アート アワード第10位「ケーズハーバーのコバンザメ奴(やっこ)」

302202101012200320.jpg
10位は、「ケーズハーバーのコバンザメ奴(やっこ)」です。

千葉市中央港地区にあるケーズハーバー。その水槽にちょこんとひっついていたエモい存在を発見。
小判は観察出来ましたが、ずっとガラスにひっついてたため、顔はまったく拝めませんでした。
コバンザメ、とにかくエモかった。

302202101012206500.jpg
302202101012207080.jpg
302202101012206310.jpg
※ケーズハーバーとは、千葉中央港地区に新しく出来たさん橋から運航される旅客船の待合スペースとしての機能に加え、レストランやカフェ、ダイビングショップなどの集客施設が一体となった施設です。
【千葉市観光協会HPより】
https://www.chibacity-ta.or.jp/spots/ks-harbor

第9位「ヌンチャク奴(やっこ)&三節棍 奴(さんせつこんやっこ)」

302202101012124490.jpg
302202101012125570.jpg
ここでは武器くくりということで「ヌンチャク&三節棍」が登場。
どちらも紐や鎖でつなぎ合わした棒をぶん回して、闘う武器でブルース・リー映画に出てきたりします。
作品制作に至るに筆者曰く、「この日、『燃えよドラゴン』観たんだよね」と映画にインスパイアされたそうです。

第8位「箱ティッシュ奴(やっこ)」

302202101012258260.jpg
寒さと鼻炎持ちも手伝い、我が鼻はいつもグズグズ。
ティッシュが手放せませんなぁ。

実はこれ…

302202101012259170.jpg
湯葉であしらわれたティッシュが…
取れるんです。
しかも一枚取るともう一枚…。なんと湯葉をティッシュに見立ててます。
この技術を仕込むのに、だいぶ時間かかっちゃった。
ただ、後悔はまったくしておりません。

第7位「古墳奴(やっこ)」

302202101012137230.jpg
第7位は古墳奴(やっこ)です。

(筆者は)急に勉強したくなったようです。
なんでも日本中には約16万個も古墳・横穴があるそうですよ。
コンビニより多いぞ。
ちなみに我らが千葉県には12800個くらい古墳があって、全国4位だそうです。
こちらはシンプルに今回は醤油で頂きました。

第6位「アルカノイ豆腐(どうふ)」

302202101012143180.jpg
『アルカノイド』(Arkanoid)は、タイトーが1986年7月に発売したアーケードゲームです。
「ブロックくずし」から10年後に発表され、第二次ブロックくずしブームのきっかけとなった。(Wikipediaより)

ちょうど佳境でラスボス戦の様子を再現しております。モアイがラスボスってとこが好きだったりします。
ちなみにバーと玉は万能ねぎで応用しています。
302202101012143340.jpg
ゲームクリア後は、美味しく麻婆させて頂きました。

第5位「ダイオウグソクムシ奴(やっこ)」

302202101012348400.jpg
かなりの手間隙がかかっている作品です。
体の表面を表すためにこまかく豆腐をカット。
302202101012352210.jpg
ダンゴムシより細長くすることでグソクムシ感を出している…つもり。

第4位「山形土偶奴(やまがたどぐうやっこ)」

302202101012149350.jpg
古墳奴といい、歴史好きな筆者はたまにこういうのを作っちゃうみたいです。

第4位は「山形土偶(やまがたどぐう)奴(やっこ)」です。
顔が山形をしているところから山形土偶と呼ばれています。
山形土偶は、縄文時代後期中葉の関東地方でさかんに造られていたそうです。

筆者の住む千葉県千葉市には国内最大級の貝塚で「加曽利貝塚(かそりかいづか)」という史跡があり、そこで発掘された土偶を模してあります。

ただ、こちらは豆腐で出来ていたので、土偶というより、豆偶(とうぐう)といったところでしょうか?

【山形土偶】
縄文時代後期 2000-1000 BCE

【加曽利貝塚についてはこちら⇓】
https://www.city.chiba.jp/kasori/
302202101012232460.jpg
ポン酢で土偶色を出してみました。
うん、いい感じ。

第3位「こたつで年越し奴(やっこ)」

302202011072107400.jpg
第3位は、ここでも湯葉を使っています。
こたつ布団のコシを湯葉のシワで魅せています。筆者・劇団みちたか、人知れず腕を上げているようです。
年の瀬はやっぱりテレビにこたつですかね。
おじいちゃん何観てるのかな?「紅白」かな?「ガキ使かな」?それとも「年忘れにっぽんの歌」かな?
302202011072108160.jpg

第2位「加曽利貝塚発の掘調査現場奴(やっこ)」

こちらは先述しました、千葉市にあります特別史跡・加曽利貝塚発の掘調査現場です。
2020年も発掘調査を敢行しました。
どんな新たな発見があるのか楽しみです。
302202101012217200.jpg
約5000年前から3000年前に2000年ものあいだつづいたムラのあとがこちら加曽利貝塚。
今回の調査目的は、昭和39年に発掘調査された調査区(トレンチ)の再発掘。
貝塚中央部の様相把握。
遺構(住居跡等)と貝層の位置・新旧関係の解明
302202101012217520.jpg
結果として、発見された遺構としては、縄文中期・後期の竪穴住居に溝や柱穴、貝層など。
遺物としては、縄文土器や土偶などの土製品や石器など様々。
加曽利貝塚の歴史究明にまた一歩。
302202101012218080.jpg
豆腐で再現される、この地に住んでいた縄文人たちの足跡(発掘調査現場)。
302202101012218260.jpg
まさか豆腐で自分のムラを再現されるとは、縄文人パイセン。引いてやしないか心配です。

栄えある第1位は「寝てるおじいちゃん奴(やっこ)」

302202101012228040.jpg
大晦日、年明けるまで頑張って起きていたおじいちゃんだったけど、明ける前に寝ちゃったみたい…。
302202101012230490.jpg
とりあえずゆっくり寝かせてあげましょう。
おじいちゃんの掛け布団も湯葉で応用。
302202101012242160.jpg
いい夢、見られるといいね。

おしまいに

302202101012309210.jpg
いかがでしたか?けっこう作ってたでしょう?
はじめは豆腐だけでカタチをあしらっていましたが、やってるうちに湯葉を活用する等で制作の幅が広がりました。(※写真は「せんべい布団とふんどし干してる奴(やっこ)第16位」)

ただ、ふと豆腐だけを使ってはじめて「お豆腐アート」ではないか?とも考えはしましたが、とりあえず勝手にひとりでやってることなのでいまは大豆くくりということで規制緩和しております。

2021年は果たして、どんな作品が出来るのやら?
302202101012335070.jpg
ということで、これからも劇団みちたかのお豆腐アートを優しく見守って頂けますと幸いです。
番外として、2021年初のお豆腐アート「門松奴(かどまつやっこ)」で失礼をば。
スポンサーリンク
劇団みちたかのお豆腐アートを見られるのは⇓
Instagram「michitakagekidan」
このまとめ記事の作者
劇団みちたかの「ヒゴロのオコナイ」
劇団みちたか
「バカの栄養補給に。」を合言葉に、イベントMCほかコント演者として千葉市内の地域イベントに参加中。 ○ときどき広告プランナー ○ときどき構成...
プロフィールや他の投稿を見る
このまとめ記事をお気に入り登録:
ログインしてコメントしよう!

シェア ツイート 送る

他のまとめ記事

★千葉みなとマリンフェスタ2017★

イベント 旅客船桟橋
2017/7/9    935

“とび出せ!縄文のリズム”

イベント
2019/11/16    1089

氷の下をダイビング!?

教室・サークル 旅客船桟橋
2020/2/7    381

カテゴリーが一緒の小ネタ

劇団みちたかの「ヒゴロのオコナイ」
劇団みちたか
2020/10/17  -  №8196   177
酒舗西浦の3分ドリンキング 奈良「花巴」うすにごり
カルチャー 西千葉
劇団みちたかの「ヒゴロのオコナイ」
劇団みちたか
2020/11/3  -  №8234   83
酒舗西浦の3分ドリンキング「若駒(わかこま)」(栃木)
カルチャー 西千葉
劇団みちたかの「ヒゴロのオコナイ」
劇団みちたか
2020/10/6  -  №8157   218
酒舗西浦の3分ドリンキング「岡山・大正の鶴」
カルチャー 西千葉
劇団みちたかの「ヒゴロのオコナイ」
劇団みちたか
2020/10/24  -  №8220   186
酒舗西浦の3分ドリンキング「白老(はくろう)」(愛知)
カルチャー 西千葉