「ちば富士見屋台横丁」ではしご酒【2022年11月号】

  2371
  2022/11/4 更新
シェア ツイート 送る

 

11月25日(金)26日(土)27日(日) 土日は昼から

17202211041046320.jpg
 11月25日(金)~11月27日(日)にJR千葉駅東口前から中央公園や中心商店街に至る千葉駅前大通りの歩道(中央公園プロムナード)に20台の屋台が登場する。富士見町・栄町・中央町への周辺回遊ルートの要所となるこの場所に、地産地消を意識した屋外飲食店舗を設置し、福岡の中洲のような賑わいと、中心市街地への人の流れを創出する取り組みだ。
将来的には屋台を常設化し千葉市の新たな名所を目指すという。また今後、新型コロナウイルスが収束し中央公園を中心としたイベント等が再開される際には連携も期待されている。

千葉市ナイトタイムエコノミー推進支援制度を活用し「街を元気に!」

「ちば富士見屋台横丁」は、千葉市が実施する地域経済活性化及び夜間における賑わいの創出を目的とした「千葉市ナイトタイムエコノミー推進支援制度」を活用し「r-223」が主催するイベント。「r-223」とは「この街をもっと元気にしたい」という思いから2006年に立ち上げられた民間団体で、富士見町を拠点とする経営者や企業で構成されている。     

千葉駅前大通りの非日常空間を楽しんで

千葉駅前で中洲風屋台が楽しめると好評の「ちば富士見屋台横丁」は今回で8回目を迎える。開催日時は2022年11月25日(金)16:00~22:00、11月26日(土)12:00~22:00、11月27日(日)12:00~20:00。土日は昼間からの営業とあって家族連れも増える見込み。
 千葉市を代表するナイトカルチャーかつ新たな名所となるか、今後も注目したい。各屋台ではコロナ対策が実施されているので感染防止に協力しながら、非日常の空間ではしご酒を楽しんではいかが?  
このまとめ記事の作者
稲毛新聞
稲毛新聞
千葉市内を中心に配布しているフリーペーパー「稲毛新聞」です。 平成8年に創刊、おかげさまで今年、創刊25周年300号を迎えました。 地域密着...
プロフィールや他の投稿を見る
このまとめ記事をお気に入り登録:
ログインしてコメントしよう!

シェア ツイート 送る

靴のファミリー「足と靴の安心個別相談・販売会」@稲毛新聞社 11/13(日)開催


2022/11/4    159

「今月の人」アクアリンクちば 支配人 井上 陽介さん(40)【2022年11月号】


2022/11/4    193

新たな地域コミュニティー拠点「くるみplus+」オープン【2022年11月号】


2022/11/4    224

秋晴れの下「通町門前市場」開催【2022年11月号】


2022/11/4    215

他のまとめ記事

夏の思い出づくりに!夏野菜収穫体験 参加者募集【2022年6月号】

2022/6/3    497

千葉みなとヨットクルーズ体験試乗会の準備をしています

イベント さんばしひろば
2017/9/10    1749

千葉みなと4コママンガ劇場『みなっと!チバミナコちゃん』その5

キャラ
2019/8/6    3167

同じカテゴリーのコネタ

NPO法人すくえ・あ
親子さあくるもこぴっと
2022/9/28  -  №12041   201
プレオープンしました!
DANCE EVENT ILY-千葉みなとさんばしひろば-9月25日(日曜日)
DANCE ILY
2022/8/14  -  №11683   195
675202208142340341.jpg
coco dance school
蛍room
灰月ほたる
2022/9/3  -  №11827   158
504202209031536511.jpg
9/4コミティア141サークル参加します
ぎみちゃんのつぶやき
ぎみ
2019/8/6  -  №5405   1488
343201908061919593.jpg
解体工事が進む、京成千葉中央駅西口ビル
ことだまブレスレット
言霊(ことだま)には力がある

木花咲耶姫
木花咲耶姫
2019/9/30  -  №5889   760
325201909301238410.jpg
心覚輪舞
🌟カスタマカフェ市原店🌟
🌟カスタマカフェ市原店🌟
2019/7/31  -  №5324   1348
363201907310126430.jpg
超絶お得なナイトコース